なまけもの

お金があれば好きなものが買えます 最近お金を稼ぐことに執着しています それは誰しも当たり前の事だと思います 小さい値段であっても 例えば 10万円でなくても 2万円であっても お仕事をして 稼ぐのはとても大きな喜びです 私は以前公務員をしていました 公務員の給料は 安定はしているけれども 民間と違って やっぱり低いです それに対して 民間の企業は 親方日の丸ではないので 安定はしていませんが 努力次第で 給料があがっていくと思います 実力主義の社会 公務員をしていた時 本当に怠けている同僚がいました 公務員の人たちが 一生懸命仕事をしている中で その怠け者の同僚は ろくな仕事もせず パソコンで彼女とのメールをやり取りしていました 部活の顧問をしていましたが 一度も部活を見に行かず 職員質に行って 雑誌などを読んでいました 担当の教師でした みんなから嫌われていました それでもお給料は 他の同僚と変わらないのです ちょっと常識では考えられないのが公務員の世界だと思います

メタボメ茶

私たちは毎日 お茶を 6リットルは飲んでいます かなり飲んでいる方だと思います 今はジャスミンティーを飲んでいます なかなか美味しいです 今飲んでいるジャスミンティーのパックが使い終わったら メタボメ茶を使いたいと思います メタボメ茶は毎月送られてきます 月に3000500円です ちょっと高いですね ジャスミンティーも同じような値段なので まぁいいかなと思っています メタボメ茶 は 少しでも痩せたいと思って購入しました ひとに聞いたら ティーライフの人曰く 脂っこいものをたべる人にはぷらtwoアール茶向いていて 炭水化物や甘い物を食べたい人には メタボメ茶むいているそうです 私たちは油物はほとんど食べません その代わり 炭水化物がかなり多いです そこで メタボメ茶をたのむことにしました メタボメ茶はおいしいし 後味がさっぱりしています まだ飲んでいませんが 早く飲みたいなと思います
昨日はそば茶を買いました 14袋で650円かなり高いですメタボメ茶はそれよりはずっと安いしいいのです

金髪

こんばんは 夕方の18時33分です 昼寝をしました よっぽどつかれていたのか 三時間も寝てしまいました おかげで仕事が出来ませんでした 仕事がかなり大事なので ちょっと焦っています 今日は食事をすませ このあとはずっと仕事に専念したいと思います 今日はイオン 野菜ジュース 届けられました 私は髪にブリーチをかけて 金髪にしています その金髪した髪に イオンからをつけて緑色にするのです 緑色 金髪は下からです 緑色なんて生まれて初めての色です 両親が見たら の驚きぶりです 自分でも おどろいています 新しい自分 新しい自分へのチャレンジ とりあえず見た目から 今日はつかれているので ウォーキングしませんが 来週からは毎日ウォーキングを始めます とりあえず見た目から変わっていきたいと思います 今年の写真を見ました おととしの写真です 知り合いの方が 私たちを 遠方へ連れて行ってくれた時の写真です その時私は88キロあったので 今よりももっと太っていました いまは82キロです どんどん痩せていきたいです

会津

旅かあ。
旅。
いいねえ。
スナフキンみたい。
冬が来ると、旅に出て、春になって帰ってくる。
遠洋漁業のようですな。

それはさておき。
何が思いでに残るかっていうと、いろいろありますが、会津ですかねえ。
会津といえば、白虎隊。
当時、まだ18歳と若かった私は、とてもとても白虎隊が好きでした。
お城のために、幕府のために、公方様のために、主君のために、若く勇ましい体を投げ出して、ああ、お城が燃えている、お城が。
自刃するんですな。

自刃が美徳とされた時代ですからね。
白虎隊の人形も家にあったので、一度は行ってみたかったのです。
当時、青春24切符がありました。
今もあるかな?
それをもって、宿を、当時はパソコンなんて、ネットなんてありませんでしたから、なんと女1人旅なのに、いいや現地で探そうと、その心意気一つで出かけたのです。
いざゆかん、会津の地へ。

それはそれは、すばらしい思い出でした。
喜多方ラーメンはものすごくおいしく、飯盛山も本当にきれいだった。

いい思い出です。

嬉しい体験

長旅も好きですが、プチ旅行も大好きです。

岩手に住んでいたときに、岩手全体が広いということもあり、なんといっても、四国全体よりも広いものですから、私の住んでいた三陸沿岸から、盛岡に行くまでが、3時間かかりました。

私は、盛岡が大好きで、土日ともなれば、車を運転して、盛岡に行っていました。
春には、若い緑。
夏には、涼しげな川の流れ。
秋には、本当に美しい紅葉。
冬には、神秘的な雪景色。
四季を満喫できる。

鮎を釣っている人がおおくいました。
私は好奇心が旺盛なので、あるとき、春でしたが、その中で、声をかけてもよさそうなおじいさんに声をかけてみました。

鮎つりってどうやるんですか?
そしたら、やっぱり親切なおじいさんで、なんと私につりをやらせてくれました
まあ、当たり前ですが、当然つれず、でも、すばらしい体験をしました

3時間も運転していると、疲れてきます。
でも、このように、親切な方とめぐりあうこともできます。
本当に貴重な体験でした

札幌

元カノとは、教会で知り合いました。
私より2つ年下。
彼女が18歳のときに、お母さんが泣くなり、本当に愛に飢えていました。
一緒に住むようになって、1年。
思い出をたくさん作ってあげようと思って、北海道旅行に行きました。
その頃は、フェリーしかなかったので、初めての船旅を味わいました。
まずは、札幌。
札幌といえば、ラーメン。
タクシーの運転手さんにつれていってもらい、タクシーを降りたのですが

なんと

全然違う、ラーメん横丁。
本当の横丁は全然違うところにありました。
タクシー賃返せ。
でも、まあ、2人ともラーメンに命を懸けるほどではなかったので、

蟹を食べまくりました。
その値段は、1人20000円。
かなりのセレブ。
蟹しかでなかったので、いい加減飽きてしまうほどでした。
それも、いい思い出です。

一番嬉しかったのは、彼女が本当に心から笑っていたこと。
心底愛し合っていたので、本当に嬉しかった。
今は一生、今の妻といます。

妻のことも、北海道に連れていきたいです。

北海道へのたび

私は旅が大好きだ。
いつもと違う、新鮮な景色。
いつもの日常をいったn忘れられる異次元の世界。
北海道、東日本を網羅した。
学校の教員だったので、お金はあった。
1人旅も楽しかった。
誰かとの旅はもっと楽しかった。

たとえば、北海道。
札幌、小樽、函館に行った。
当時は、フェリーしかなかった。
でもそれがかえって新鮮だった。
当時付き合っていた、彼女と、嬉しさ満載で行ったことを今でも覚えている。

大好きな彼女。
本当に仲がよかった。

2人とも、自分でお金を出して、旅に出るっていう経験は初めてだったので2人とも、お金を出し合って、どきどきしながらの北海道旅行だった。

札幌では、時計台を見た。
これが、全然ぱっとしなかったので、それがかえって面白かった。
蟹もたらふく食べた。
1人20000円のコースに行ったので、最後のほうはかなりあきあきしたことを覚えている。

函館では、寿司を食った。
これがまた、かなり美味だった。
さすが北海道だなと思った。

長崎への旅

以前、社員旅行で長崎・佐世保のハウステンボスに行ったことがある。

花が咲き乱れ
とても良いところだった。
特に良かったのはギヤマンミュージアム。
華麗な硝子細工に心を奪われた。

レンタサイクルも貸し出してある辺り
広大な場所だった。

店長なんて自転車を乗り回しすぎて
自転車がパンクしたくらい。

たった三時間しか時間が無くて
いろいろ見たいところもあったのに
時間切れで残念だった。

夜は福岡のセンチュリーハイアットに宿泊した。
夕食はふぐのフルコース。
特に唐揚げが美味しかった。
刺身もふぐのは初めて食べた。
美味しかった。
おまけにひれ酒飲んで気分よくホテルに帰って
バーでまた少し飲んだ。

総じて長崎は、やはり出島があるだけに、国際色豊かなところだった。
グラバー邸も美しく荘厳だったし、キリスト教会も期待以上に美しかった。
セミの鳴き声だけが、埼玉と同じだった。
ああ、ここに住んでみたいなと思わせる町だった。
長崎ちゃんぽん、サラうどん。
また、行ってみたい。